一周忌のあとの供養カレンダー(年忌)

昨日は、感謝祭にお越しいただいいた方、ありがとうございました。
今年も申し分ない天気に恵まれ、例年以上の盛況で、本当に良かったです。
ご報告は、写真と共に後日・・・

さて、
一周忌の法要を終えた後は、以下のような「年忌」法要に移っていきます。

この年忌法要を行うのも喪主の仕事になりますね。

仏教では「数え年」の考え方でいくので、ご注意を。

三回忌…没後、2年目の祥月命日。

七回忌    …没後、6年目の祥月命日。
十三回忌  …没後、12年目の祥月命日。
十七回忌  …没後、16年目の祥月命日。
二十三回忌 …没後、22年目の祥月命日。
二十五回忌 …没後、24年目の祥月命日。
二十七回忌 …没後、26年目の祥月命日。
三十三回忌 …没後、32年目の祥月命日。
三十七回忌 …没後、36年目の祥月命日。
五十回(遠)忌…没後、49年目の祥月命日。

※「二十三回忌」、「二十五回忌」、「二十七回忌」、「三十七回忌」は、
宗旨や地域によって営まないこともあります。

以降50年毎に、百回遠忌(99年目)、百五十回遠忌(149年目)…と続きます。

実際のところ、
親族・親戚でそろってというのは3回忌までが多いでしょうか。

特に誰を呼ぶか、何をしなくてはならないか、の決まりはあまりありません。
集まって墓参り・読経をし、その後会食というのが多いですね。

故人を偲ぶのをきっかけに、縁をつなげていく、
そういう気持ちで行っていただければ十分供養になると思います。

ちなみに・・・
「三十三回忌」、もしくは「五十回(遠)忌」を最後の年忌にするのが
関東地方では一般的
です。
供養する側のほうががまだ生きているのか?ということもありますね。
「弔い上げ」「問切り」と呼んでおり、その時に、寺への寄進や永代供養を行います。