一周忌までの供養カレンダー①四十九日

お葬式を終えると、ひと段落ではあるのですが、今度は「法事」が始まります。

最初の1年は、ご葬家はちょっと忙しいかもしれませんね。
ざっと解説していきましょう。

先日は、お葬儀の中で
初七日(しょなのか)・・・別名「初願忌(しょがんき)」
があることをお伝えしましたが、

次に節目の法事としてあるのが
四十九日(しじゅうくにち)・・・別名「満中陰」、「尽七日」、「大練忌(だいれんき)」
です。

四十九日はあの世で、故人の魂の次の生まれ変わり先が決定する日にあたります。

多くの地域では、このタイミングで
白木の位牌を本位牌に変え、
お骨をお墓に納める、納骨を行います。

そのための法要を親族が集まって行います。

いつからその準備をしたらいいかというと、
お葬儀が終わったあと、お寺にお礼参りをした際に
その日取りを聞いておくのがスムーズですね。

その時に、お葬儀屋さんとも
本位牌の相談や
できたら四十九日法要の会場やお返しものの相談が
できると安心ですね。

ちなみに、今は四十九日のみが一般的な法要の日になっていますが、
元々は亡くなった日から七日ごと=審判の行われるとされている日にお経をあげていました。
そのお経が届くと、罪が軽くなって、次の転生がよくなるといわれています。

ちなみに
14日目= 二七日(ふたなのか)…「以芳忌(いほうき)」
21日目= 三七日(みなのか)…「洒水忌(しゃすいき)」
28日目= 四七日(よなのか)…「阿経忌(あぎょうき)」
一か月= 初月忌(しょがっき)…没後、最初の月命日。
35日目= 五七日(いつなのか)…「小練忌(しょうれんき)」
42日目= 六七日(むなのか)…「檀弘忌(だんこうき)」

という呼び名があります。

これで「忌中」は明けて、この先は「年忌」というカレンダーにうつっていきます。