おりんの鳴らし方とタイミング

お仏壇に必ずあるおりん。
さて、どうならすのがいいのか?いつ鳴らすのか?なぜならすのかご存知ですか?

基本の、というか一般的な鳴らし方は
たいこのばちを持つようなもちかたをして、下から上へ軽くたたきあげるようにします。
密教系の宗派によってはつまむように持ち、おりんの内側を軽く叩きます。

どういうときに、何のために鳴らすのか?
よく思い浮かべられるのは、法事の読経の際にお坊様が鳴らすようすですね。
実は経典に鳴らすタイミングが書かれています。
お経をみると、宗派によっては黒丸がついていることがあります。
それがおりんをならす箇所なんですね。

あとは、お仏壇にお供えをするとき、
手を合わせる時。
玄関の呼び鈴の感覚でしょうか。
あの世の皆さんにごあいさつ、メッセージするときに
最初に鳴らします。

おりん自体、音がひびきやすくできていますから
しずかに優しく鳴らして下さいね。