アメリカのお葬式③仏式葬儀もアメリカナイズ

ご存知のようにアメリカにも日系人は多く、
仏式でのお葬儀も執り行われているそうです。

ただ、そこはアメリカ。
まったく日本のそのままではなく、いくらかアメリカナイズされているようです。

●チャペルのような式場にお仏壇
自宅で葬儀と言うのは、皆無。
やはり、基本は椅子、ということもあるのでしょう。
式場はホールのようなところに椅子がならべられており
ちょっと見は教会のようでした。
その奥に仏壇が祭壇としてしつらえられ、
そこにお焼香というスタイルなんだそうです。

●意外と質素な装飾
日本のように花で形どって・・というのがあるかと思いきや、
葬儀社は、日本のように花屋さんと提携しているわけではなく、
個々の参列者が花を手向けるていどなんだそうです。
ちょっと意外ですね。

●式内で故人の経歴紹介も
全米で一般的にキリスト教式のお葬儀の中で行われる
故人の経歴を紹介するくだり、
アメリカ式仏式葬儀の中ではやはり行われます。
僧侶による法話も。牧師さんのお説教にかわるもの、というところでしょうか。

ほぼ、アメリカのお葬儀の流れに沿っており、
お通夜も時間が決まっているということではないようです。

ただ、ちゃんとお経はあげてもらえて
お布施もお渡しします。
納骨も四十九日に・・・というのは日本とかわりませんね。

う~ん、でもやっぱり僕は日本でお葬儀したいですかね(^^;)