小さなお節介のための研修会

AERAの記事にものせていただいていますが、
僕はお葬儀を通じて、遺族の方々の心をいやすことできたら・・・と
考えています。

そのためにはお葬儀では進行がスムーズで
参列された方もお焼香やご冥福を祈るのに
余計な心配やストレスがないように、というのは
もっとも基本として一番気をつかうところです。

そのあとの法事のことも
スムーズに、親戚縁者に失礼のない形で
手配ができるようにと
ちょっぴりお節介を焼くつもりで
全スタッフがかかわっていく
ようにしています。

自分も学ばなくてはと通っていいた
「グリーフサポート」のプログラムも、
ようやく社内にも研修の形で還元できるようになってきました。

お客様に直に接する機会の多い
葬祭スタッフやケアさん中心に
研修をしています。
いわば、いいお節介をやくための勉強会です。

ベテランにとってはなんとなく、経験で身についてることの整理や確認として
若手には、よりお客様に寄り添う手立てとして
みんな真剣に聞いてくれているようで、うれしいです。

自分もやっと投資からアウトプットできてほっとしてます。