合同葬とエンディングノート

合同葬をしやすくするために、といいますか合同葬の大枠を決めるのは「社葬規定」です。
ただ本当に大枠です。
自分のイメージ通りにやりたいと思われるのであれば、
それにプラスして「エンディングノート」をつくることをおすすめします。

多くの関係者の方々が、負担感を少なく執り行う事ができるためにも、
もう一段、決めておくことは多いのです。

たとえば、・・先だってお話した僕の妄想、いや理想のお葬儀などは
社葬規定で網羅できる範囲をゆうに超えています。

祭壇や式場の雰囲気はどのようにしたいのか
挨拶は誰から欲しいのか、
香典返しはどんなものがいいのか・・・などなど。

自分で決めてしたためておけば、
遺された方々にとっても大きな助けになるでしょう。

それが
エンディングノートなのです。

合同葬にかかわらず、
ご自分のフィナーレをいいものにしたいと思われる方にはおすすめします!

お葬儀のことだけにかかわらず
形見分け・相続のこと、
お墓のこと、
今はちょっと面と向かって言えないけれど、最後に伝えたい言葉、
なども書くことができます。

これを機会にはじめてみませんか。