いろは歌の元ネタはお経!?

いろは唄(いろはうた)は、昔の平仮名を47全文字使って作られ、
七五調四句の歌になっています。

実はこれ、『涅槃経』の四句の偈(この偈を「諸行無常偈」とも「雪山偈」ともいいます)
を和訳したもの
なんです。

         《涅槃経》          《いろはうた》
諸行無常(諸行は無常なり)    色は匂へど散りゆるを
是生滅法(これ生滅の法なり)   我が世誰ぞ常ならむ
生滅滅巳(生滅滅し巳りて)    有為の奥山今日越えて
寂滅為楽(寂滅を楽と為す)    浅き夢見じ酔ひもせず

文語体なので、ちょっとわかりにくいかもしれませんが、
  すべてが常に移り変わる物事に
こだわって一喜一憂する、この迷妄の世界
を超脱すれば、一切が安楽となる

・・・という意味です。

よくまぁ、見事な・・・と思ったら、弘法大師の作という説もあるそうですよ。

この歌には、この他にもいろいろな言葉が隠されていて、
たかがいろは唄・・とはいえないほど、ミステリアスで深いです。