エンディングノートを書く理由

前回は、合同葬をする上で、
社内規定に加えてエンディングノートをつくると
よりよいという話をしました。

実は合同葬にかかわらず、
僕は多くの方にエンディングノートをお勧めしています。

僕自身は
自分の思う通りのお葬式をしてほしい
ということもあるのですが

何より、遺された人たちに
できるだけ余計な負担をかけたくない
ことが

大きな理由です。

というのも、
喪主を経験されたことがある方は
おわかりいただけることと思いますが、

お葬儀だけでも決めなくてはいけないことはたくさんあります。
亡くなる当の本人は「みんなの好きなように」
といいますが、そうはいかない量です。

それに加えて、
お墓のこと、親戚との付き合いのこと、
お仕事のこと、
はたまた相続のこと…

それが大切な人を失って
悲しみのさなかにいる時に
タイムリミットを持って迫ってきます。

こんな大変なことを
自分の家族にさせたくないなぁと
思うわけです。

家族への愛情表現の一つとして
まずは書きはじめてみませんか。