茶道の起源は仏教から

寒い日が続きますね。
お葬儀の席でも、せめて熱いお茶は切らさないようにしています。

ところで、このお茶、仏教とともに日本に入ってきたものです。

正確に言うと、
いったん平安時代に遣唐使がウーロン茶のようなものを持ち帰ってきたものの
あまり根付かず、

鎌倉時代に臨済宗の開祖である栄西が、
禅とともに抹茶を中国から持ち帰ってからが
本格的な茶道の歴史の始まり
と言われているんですね

最初は薬として扱われていました。
『喫茶養生記』の中に、その薬効が詳しく書かれています。

みなさんご存知の通り、お茶には薬効とともに覚醒効果があるので、
やがて、修行の合間の目覚ましのために飲まれるようになりました。
これが「茶礼」という儀式で、修行者全員でお茶をいただくのです。

それが「茶道」となり「茶の湯文化」になり、
庶民にお茶が浸透するのは江戸時代になりますが、
仏教がなかったらお茶がなかった、ということになりますね。

お茶がない日本、仏教がない日本、ちょっと想像できないですね・・・。