スタッフが認知症サポーターに

認知症サポーターってご存知ですか?

国の資格制度ではないのですが、
NPO法人地域ケア政策ネットワークが中心になって、自治体の委託をうけて行っている
「認知症サポーター養成講座」(認知症サポーター100万人キャラバン)
受講すると「認知症サポーター」になることができます。

認知症サポーターは認知症について正しい知識をもち、
認知症の人や家族を応援し、
だれもが暮らしやすい地域をつくっていくボランティア
です。

今回、その認知症サポーターに、
うちの東久留米店の看板スタッフ、
「よろしくどうぞ~」が口癖の松井さん
が認定されました!
うちの社員としては第1号です。

うちの店舗は仏壇も置いてますが、
お数珠や、消耗品であるお線香・ろうそくを買いに
近所のお年寄りが来られることが多いです。

そこできちんと対応できなくては、と思っていましたし、

特に東久留米店は、松井さんの明るく親しみやすい雰囲気もあって
普段から地域のお年寄りの憩いのスポットになっている
んです。
まずはここからかなと。

こんな形でも地域のお役に立てればと思います。