お葬式は弟子入りの儀式

お葬儀にはなぜ「葬儀(お葬式)」「告別式」があるかご存知ですか。

お坊さんがお経を読んでいて、その間にお焼香・・と流れて行くので
あまり区別がつかないかもしれませんが、実は両方にそれぞれちゃんと意味があります

「告別式」はその名のとおり、故人を偲び、おわかれをする儀式です。

では「葬儀」は?
亡くなった人を仏様の世界にしっかり旅立たせるのが目的です。

それを導く役を行うのがお坊様。
だからお葬儀の中では「導師」と呼びます。

仏教では
仏の世界に旅立つには、
仏様の弟子にならなければいけないとされています。

「南無帰依仏、南無帰依法、南無帰依僧」
というお唱えを導師がしているはずです。
その意味は
「私は仏陀に帰依いたします。
私は法(真理)に帰依いたします。
私は僧(聖者の僧団)に帰依いたします。」

本来は、生きている間にする弟子入りの誓いの言葉を
導師が代弁している
のです。

こうして仏様の弟子になり、
「戒名」がついて、
はじめて仏の世界に旅立てる資格を持つ
ことになります。

こうみていくと、
ちゃんとお葬式をしなくてはいけないなぁと思いますよね。