桜と西行法師

桜と縁が深いお坊様と言えば西行法師

大河ドラマの平清盛でも登場しましたね。

藤木直人さんが演じていましたが、
かなりの美形で文武に優れていた記録は数多く残っており、
歌人として後世に大きな影響を与えています。

出家したのちは、どこかの寺にこもって・・というのではなく
各地を転々として、詠うことで自分を見つめ、それを修行としたというのも
ちょっとかわっていますね。

かなりその範囲は広く、
自分の仕えていた崇徳天皇の菩提を弔うために四国~高野山、
奈良吉野の山中に伊勢志摩。
奥州(東北)の藤原氏のもとにいたことも。

ただ、この旅が世の中的には
とてもありがたいことになっていたようです。
東大寺の大仏殿が焼失してしまい、
再建しようというときに、
奥州藤原氏に砂金を送ってもらうための使者となったのも西行
でした。

「願わくば 桜の下にて 春死なむ その如月の 望月の頃」
晩年の句は有名ですが、
この他にも本当に多くの桜の歌を遺しています。

「どうして、こんなに桜の花をみると心が乱れるんだろう・・」といった
意味の歌もあり、
いわば「桜マニア」だったのかもしれませんね!?