お花はなぜ供える?

お墓に供えるものといえば、
お供えとお線香、そしてお花ですね。

なぜ、お墓や仏壇にお花を供えるのか、については諸説あります。

一つには、
もともと墓を荒らす動物などをよけるために、
樒(しきみ)を供えていたのが
変化
してお花になったというもの。

もう一つは
花自体の存在が、
厳しい修行に堪える姿の象徴として供えられるというものです。
自然界の厳しい環境に耐えてようやく咲く姿や
供えられた後も耐え忍んで咲き続ける姿を
人間の仏に対する修行(忍辱)の誓いとして花を活けるんですね。

ですから本来は、
とげがあったり、香りの強いものはだめ、とされてきました。

とはいえ、お墓には故人のお好きだった花を
お供えするのも、
供える側の気持ちがこもっていればよい
のではないでしょうか。

対になったものを用意して
花さしにたくさん供えてあげてください。

色とりどりのお花が供えられているお墓は
なんとなくはたからみてもほっとした気持ちになります。