葬儀・家族葬・お葬式- お客様満足度No1

遊馬葬祭

a02b

a01d

bo01_00bo01_02bo01_03bo01_04bo01_05bo01_01

如是我聞:山口県のお葬式

 | 

今回は小京都、
山口県のお葬式についてです。

あくまで僕が見聞きした範囲ですが今回も、「如是我聞」ということでお伝えします。

●自宅葬が多い地域。香典のほかにお供物を贈る

通夜・葬儀とも自宅で近隣の方たちを中心に行なわれるところが多く、
次に多いのが寺院葬で、
仏壇のみで葬儀を行なう地域もあるようです。

そのためか、香典のほかに別途、果物やお菓子などのお供物を贈ることが多く、
農村部などではお米や農作物を持ち寄る場合もあります。

このお供物は、お葬式の間に食されたり、皆で持ち帰ったりします。
他地域で見られる「通夜見舞い」と共通する風習ですね。

●故人との最後の膳、立飯(たちはん)を行う

出棺の前に、お膳を囲む習慣があります。
これは立飯(たちはん)と呼ぶ「食い別れの儀式」で、故人があの世に旅立つ前の最後の食事という意味があります。
この席で出されていたことから巻きずしを立飯とよぶようになったところもあるようです。

ちなみに良く似た言葉で「立ちは」(たちは)というのがあります。
これは会葬御礼のことなので、お間違いのないように!

出棺の際には、西日本で広く見られる風習と同じように、
故人の愛用の茶碗が割られ、送り火として藁を燃やしますが、
このとき、棺に向かって米や大豆を撒く地域もあります。
これは、塩と同様に「お清め」の意味合いが含まれていると考えられます。

●霊柩車までの距離でも葬列を組む

一部の地域ですが、門から霊柩車までのわずかな距離でも葬列を組んで移動する風習があります。
これは土葬の時代の野辺送りが変化して残っている風習と考えられています。
葬列は、ちょうちん、位牌、遺影写真、四華花(しかばな)、棺などの順に並び、遺族は肩に晒を掛けます。
霊柩車に棺を納めた後は、それぞれ車に乗って火葬場へ向かい、火葬場では持参した位牌や四華花などを設置し、読経と焼香を行うそうです。