葬儀・家族葬・お葬式- お客様満足度No1

遊馬葬祭

a02b

a01d

bo01_00bo01_02bo01_03bo01_04bo01_05bo01_01

遺言とは?遺言書とは?エンディングノートとは?

 | 

さて、お聞きします。
「遺言」「遺書」「遺言書」「エンディングノート」
これらはどう違うのでしょうか?

ご安心ください。意外とみなさんきちんと答えられる方は少ないです(^^)

普段からよく使われることばは「遺言」。
ドラマでも臨終のシーンで言い残す言葉がありますが、あれです。
それが文章、手紙になっているのが「遺書」です。

 

「エンディングノート」はその詳細版、といえるかもしれません。
作っておくと、自分も家族も安心なので、
お勧めしています!
(メルマガでも、詳細にご紹介しています。)

 

この中で、唯一法律に定められた手順があるのが
「遺言書」です。

 

法律に基づいた書式に則って自筆しなくてはいけないですし(ワープロは不可です)、
捺印も必要で、印鑑証明も同封します。
開封は家庭裁判所での手続きを経てからしなくてはいけません。
さらに公証役場に出向いて保管してもらう公証証書遺言書
という形もあります。

 

なぜ、こんなに厳重かというと、
これは遺族がもめないため、法の後ろ盾をつくる、
あるいはちょっと複雑だったり、大きな相続があることに
対応するためなんですね。

こちらも
ご要望・ご相談があれば、書き方もお教えできますし、
専門家のご紹介もできます。

あなたはどれを準備されますか?
ちなみに僕はエンディングノート派です。