葬儀屋さんのお葬儀ブログ

後悔しないお葬儀もつくり方
それは今をよく生きることにもつながります

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 供養とは
  4. おはぎとぼたもちの違い?

おはぎとぼたもちの違い?

お彼岸では、仏壇の前に精進料理をお供えするところもありますが、

多くのご家庭では、秋のお彼岸のお供えと言えば、
「おはぎ」ですね。

あれ、「ぼたもち」じゃないの?という方もいるかもしれませんね。
正確に言うと、
春は「ぼたもち(牡丹餅)」
秋は「おはぎ(お萩)」なんです。

お気づきの通り、ぼたもちもおはぎも材料は一緒です。
あずきにさとう、塩、もち米にお米。
あずきの赤い色は、厄払い・魔除けになると古来から言われており
だからお彼岸に食べるようになったと言われています。

違う点は大きさと形。細かく言えば、餡の仕上げ方もです。

おはぎは粒あんで小さめの小判型。
あずきの収穫は秋ですから、秋は新豆で皮も柔らかいので粒あんで覆われています。
そのつぶつぶの濃淡がこの季節の花「萩」に似ているので
「おはぎ」と呼ぶんですね。

これに対して、ぼたもちはこしあんで丸くてちょっと大ぶりです。
春は冬を越したあずきは硬くなっていますから、皮を除いたこしあんを使って、
春の花、「牡丹」がその名の由来です。

今は保存技術も加工技術も発達しているので
年間を通して「こしあんとつぶあん、どっちがいい?」という話になりますが、
昔の人はこんな風に工夫していたんですね。

僕は精進料理もいいですが・・
甘党なのでお供えはおはぎだけでもいいくらいです(^^;)