葬儀屋さんのお葬儀ブログ

後悔しないお葬儀もつくり方
それは今をよく生きることにもつながります

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 仏教のトリビア話
  4. お彼岸はなぜ7日間?

お彼岸はなぜ7日間?

みなさんご存知のように、お彼岸は中日をはさんで3日間ずつ。
つまり、7日間ですね。

なぜ7日間なのか、ご存知ですか?

もともと、お彼岸は、
みんなで
彼の岸、つまり悟りを開いて極楽浄土に行きましょう、
という意味を含んでいます。

中日は太陽が真東から上り、
浄土があると言われる真西、西方に沈みます。

それと同時に
昼と夜が同じ長さを持つ日。

中道と言って、
ものごとが極端になってはならない、
様々なバランスを保った中庸が良い、
という意味もあります。

あとの合計6日間は、
悟りを得るための6つの修行、
六波羅蜜を示しているのです。

さて、今日で今年の秋のお彼岸は終わりです。
すっかり秋ですね。