合同葬「後」のお仕事

合同葬はどちらかというと遺族よりも会社が主導ですから、
無事葬儀当日が終了すると、
葬儀委員会の皆さんはほっと一息という気持ちかと思いますが、

会社としては、そのあとの作業も実は重要なのです。

一つはお礼状や挨拶まわり
供花(供物)、弔電、来賓の名簿を整理し、
その後の対応別にわけます。

具体的にいいますと
・ご遺族と会社側が揃って挨拶に伺う関係先
・会社側だけで行く関係先
・お礼状のみ出す関係先
・遺族から香典返しを送る関係先

・・・といった分類になります。

お礼状は目安として、式終了後、1週間程度に出します。
多くは会社と喪主連名ですね。
葬儀社にひな型もありますので
スタッフに相談してみてください。

もう一つは合同葬の報告書を作成し、取締役会の承認を得ることです。
また写真、記録を整理しファイリングしておきます。
この記録が、その後の会計処理で税務署から問い合わせがあった場合、
重要になってきます。

そしてこれは年度末までに、ということになりますが、会計処理です。
合同葬にかかった費用を損金として計上します。
(会計処理などのポイントについては、また追って・・)

遺族のほうは、
そのあとは個人葬と同じです。
香典返し、四十九日法要、一周忌・・・・とその後は
遺族のみが行っていくことになります。