お盆のあとの仏壇のお手入れ

お盆も終わって、少しずつお仏壇のまわりも普段通りに片付けるころですね。
意外とよごれていることに気がつかれる方も多いんじゃないでしょうか。

以前にもご紹介しましたが、ご自分でできる仏壇のお掃除方法をお伝えしますね。

お仏壇、特に金仏壇や唐木仏壇は工芸品ですので
洗剤や水気は厳禁
です。

なので、使うのは
「乾いた(柔らかい)布」と「毛ばたき」「羽ばたき」や「筆」です。
そのほかに、ふろしき、新聞紙、雑巾などもご用意ください。

①ふろしきをしいて、仏壇の中のものをそこによけます。

②仏壇本体のほこり・よごれを払います。

  傷がつかないよう、やさしくから拭きします。
  漆塗りの部分は特にガーゼのような柔らかい布で。
  金箔の部分は毛ばたきでほこりをはらいます。
  細かい部分は筆で落とします。

③金属部分の汚れをおとします

  金メッキや色つきのものはから拭きのみにします。
  真ちゅうのものは金属磨き剤をつかってもOKですが、
  くれぐれもほかの部分につかないように・・・

④香炉をきれいにします

  これは風のない時に外でやったほうがいいかもしれませんね。
  灰ふるいで線香の燃え残りを取り除き、
  細かい灰のみを香炉に戻します。

⑤仏具類をきれいにします

  真ちゅうのもの(おりんなど)、塗りのものなどは柔らかい布でふきます。
  陶器製のものは内外を丁寧に洗って水けをしっかり拭きとります。

⑥ご本尊・掛け軸・ご位牌のほこりを払います

  毛ばたきや羽ぼうきで静かに丁寧に払います。
  ご位牌が漆の場合は、ガーゼでやさしく拭きます。

⑦もとの位置に荘厳します  

  一番奥のご本尊・掛け軸などからもどしてゆくとよいでしょう。

できれば窓を開けてやるといいでしょう。

これ以上の汚れは仏壇のクリーニングということになりますが、
今は自宅においたまま、数時間ですっきりクリーニングできるサービスもあります!

費用も従来メーカーに送って・・・の3分の1程度です。
(唐木仏壇だと8万円ほど)

この際、スッキリ!いかがですか。