初詣はキャンペーン

新年がはじまりました。
晴天にはなりませんでしたが、
今年は新年を迎えられたことを本当にうれしく感じます。

さて、もう初詣にはいかれましたか?

お正月といえば初詣ですが、
いつ頃からなぜ始まったかひもといていくと・・・

一つはもともとの日本の神道の習慣で
地元の鎮守様に年初めにお参り
するというならわしから。

また、お隣、中国からきた陰陽道でも
年の初めに恵方(歳神様の宿るという縁起のいい方角)に
一年の幸せを願う
ということがあります。

あるいは密教系寺院では
歳の初めに限って現世利益を願う「護摩」(祈祷)をしてくれる
ところも多いです。

・・・と色々言われていますが、
僕が感じるのは神様や仏様が「お参りキャンペーン」
を催している
んじゃないかな、ということです。

「困ったときの神頼み」という言葉がありますが、
本来は
お参りや神仏に手を合わせることは日々の習慣としたいところです。

普段から、生かされていることへの感謝をしていれば、
いい縁(人やものとの出会い)も結ばれてくる
といいますから。

でもなかなか今も昔も人間は忙しい。
だから歳のはじめくらい、気持をあらたにしに来ませんか、ということなんでしょう。

年に一度のお願い三昧(?)をされる気持ちもわかりますが、

今年は「いつもありがとうございます。今年は●●頑張ります。」と
すっきり一年の誓いを立てお参りしてはいかがでしょう。


そして、ときどきご報告にお参りも。

すがすがしい気持ちになりますよ。