葬儀屋さんのお葬儀ブログ

後悔しないお葬儀もつくり方
それは今をよく生きることにもつながります

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 仏教のトリビア話
  4. 「奈落」は実は仏教用語

「奈落」は実は仏教用語

よく、自分の身に思いもよらなった大変な事が起き、
大きなショックを受けることを

「奈落(ならく)の底に突き落とされた」といいますね。

この「奈落」ですが、舞台の花道や床下の地下部分のことです。
華やかな舞台から一転、暗くて湿っぽいところに落とされたら
確かにショックですよね。気持ちのたとえとして想像がつきます。

この「奈落」、実は仏教用語です。
サンスクリット語では「ナラカ(naraka)」、
ずばり、地獄のことなんです。

底しれない深み、浮かばれないような場所であることから
ものごとのどん底を指すようになったんですね。