葬儀屋さんのお葬儀ブログ

後悔しないお葬儀もつくり方
それは今をよく生きることにもつながります

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 仏教のトリビア話
  4. 七夕と精霊棚

七夕と精霊棚

お盆も近づきましたね。
精霊棚を準備されているお宅も多いかもしれません。

ところで昨日は旧暦の七夕祭りだったところも多いですが、
この二つは大いに関係があることをご存知ですか。

七夕祭りは五節句の一つ。

古くは、「七夕」を「棚機(たなばた)」や「棚幡」と書きました。

これは、そもそも七夕とはお盆行事の一環で、
精霊棚とその幡を安置するのが7日の夕方であることから
7日の夕で「七夕」と書いて「たなばた」と発音するようになった
と言われています。

それが今でも形になって残っているのが沖縄です。

七夕は旧暦で行われ、盂蘭盆会の一環として位置づけられています。

七夕には墓を掃除し、先祖に盂蘭盆会が近付いたことを報告するのだそうです。

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031