葬儀屋さんのお葬儀ブログ

後悔しないお葬儀もつくり方
それは今をよく生きることにもつながります

  1. HOME
  2. ブログ
  3. お葬儀後の手続き・届け出
  4. 死亡保険金には税金がかかる!?

死亡保険金には税金がかかる!?

無事、生命保険などの「死亡保険金」を受け取った方、
実はまだそのあとすることがあります!

税金の手続きと納付です。

実はこれ、ちょっとややこしいんです。

契約者(保険に入った人)と
被保険者(保険の対象になる人)と
受取人(保険金を受け取る人)が

どうなっていたかで、
税金の種類が変わってくるんです!

良くある例を表にしてみるとこうなります。
$葬儀屋さんの社長のお葬儀ブログ

つまり、自分に保険をかけ、保険料を払っていた人が亡くなると、
遺族は死亡保険金を「相続」して受け取ることになるので
「相続税」がかかることになりますし、

家族に保険をかけていて、保険料を払い、自分を受け取りにしていた人が亡くなると、
いったん、その亡くなった方の所得として「所得税」と「住民税」がかかる訳です。
また、家族を受け取りにしていた場合では「贈与税」の対象になります。

相続税の場合は、10か月以内に、
所得税、住民税、贈与税の場合は、翌年の2月1日から3月15日の間に

申告することになっています。

・・・と、僕もここまで勉強してみて
なかなかわかりづらいなぁというのが正直なところです。

専門家に任せるか、
(お客様には良くご紹介しています。)

締め切り間際にならないうちに
税務署に相談してもいいかもしれませんね。

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031