葬儀屋さんのお葬儀ブログ

後悔しないお葬儀もつくり方
それは今をよく生きることにもつながります

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 葬儀のキホン
  4. 意外と自由!?故人の服装

意外と自由!?故人の服装

昨日はもっともよく使われている「経帷子」、いわゆる白装束のお話をしましたが、

最近では、それ以外の故人がお好きだった服を着せたいというケースも多いです。

もちろん、何の問題もありません。

ただ、注意点としてあるのは、ご逝去されてからすぐに死後硬直は始まってしまいますから病院にお持ちになっておいたほうがいいですし、頭からかぶるものや生地の硬いものは難しいということです。

できれば、湯灌をされて、さっぱりとされて、お体も少しやわらかくなったところで納棺師に着せてもらうというのがいいかもしれません。

納棺師に頼むと、真綿で、まるで羽織袴を来ているように形作ってもらうこともできます。
あまり知られてはいませんが、これもなかなか素敵ですよ。

最後の服ですからね。
生前にお考えいただいてもいいのではないでしょうか。

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930