葬儀屋さんのお葬儀ブログ

後悔しないお葬儀もつくり方
それは今をよく生きることにもつながります

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 葬儀のキホン
  4. 故人を家に連れて帰るには?

故人を家に連れて帰るには?

病院で臨終を迎え、故人と自宅へ一緒に帰る・・となったとき
残念ながらご自宅の車などではむずかしいのが現実です。

ここは葬儀社の持っている「寝台車」に載せて帰るしかないんですね。

実際のところ、霊安室で、声をかけられ、葬儀社から名刺をもらう、あるいは電話帳でかけた葬儀社に、廊下で挨拶をうける・・・
ということになります。

慣れていないと唐突に感じるシーンですよね。
葬儀社にとっても、このタイミングでのお声掛け、自己紹介はご遺族の心情を考えるととても気を遣う場面です。

何せ、そっとしておいてほしいところに、赤の他人からお金のかかる話ですからね。
でもそのあとの事がありますからできるだけ早めにしてさしあげなくては・・・。

その点、以前からお付き合いがあったり、会員さん(各種割引特典のある「A‘ZUMAクラブ」というのがあります)の場合には気持的にとても楽です。

さて、ご遺体をきちんと白布でおおって、ストレッチャーに乗せ、寝台車でご自宅までお送りします。

ご自宅に安置するわけですが、できれば、遺族の方のどなたかが先にお帰り頂いて、お部屋をお掃除頂いておくのがいいでしょうか。

いつものお布団でかまいませんので、きれいなシーツをかけておいてもらいます。

時間があれば、お運びする上で、障害物になるもの・・・たとえばスリッパ立てや置物・・などを移動しておいてください。
そうするとスムーズにご安置できますので。

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930