お葬儀の流れ①臨終~お葬儀の前日まで

お葬儀をすることになったら、あるいはお葬儀を考えたとき、
まず何から始まるのか、はじめたらいいのでしょう。

一度に知りたい方は⇒「喪主になったら読む本」(PDFファイルです)

何回かに分けて、

多くの場合、病院で亡くなられることが多いので、
そういったケースを中心に大きな流れを説明します。

まずは、ご臨終~お葬儀の前日までです。

1. ご臨終 ~葬儀社への連絡

①医師によるご臨終の宣告後、近親者で「末期の水」の儀式を行います。
②医師に死亡診断書を依頼します。
(これがなければ埋葬や火葬の許可がおりません。 【自宅で亡くなった場合】すぐに主治医に連絡を。)
③葬儀社に連絡します。
④【自宅以外で亡くなった場合】葬儀社の寝台車で自宅まで搬送してもらいます。

2. ご遺体安置葬儀の内容決め~葬儀社への依頼

①自宅でご遺体をお清めしたあとお布団に安置します。
ドライアイスなどでご遺体を保存します。
仏式・神式:北枕か西枕に安置し、小机かテーブルに枕飾り一式を整えます。
キリスト教式:枕元に十字架・聖書・花・燭台を用意します。
②喪主を決めます。
③葬儀の日取り・場所を葬儀社と相談し決めます。
④寺院・神社・教会に連絡します。
(遠方で難しい場合など、葬儀社に相談して紹介してもらうこともあります)
⑤訃報を出し、関係者(親戚・近所・友人・知人・勤務先・取引先など)に連絡をします。
⑥葬儀社を決め、お葬儀全般の打ち合わせをします。

のちほど
それぞれ詳しく、費用もふくめて解説していきますね。