葬儀屋さんのお葬儀ブログ

後悔しないお葬儀もつくり方
それは今をよく生きることにもつながります

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 参列のマナー
  4. おさらい:夏のお葬儀の服装と小物の注意点

おさらい:夏のお葬儀の服装と小物の注意点

ゲリラ豪雨に猛暑にとめまぐるしい天候ですね。

こんな夏にお葬儀のさんれつにあたっての注意点を
まとめてみました。

●クールビスはOk、でも肌の露出度に注意

葬儀当日は、本来は男性はダークスーツ
女性はブラックフォーマル(ワンピース・アンサンブル・スーツなど)
が正式ですが、
きちんとした印象であれば、半袖やノーネクタイも大丈夫かと思います。

お通夜であれば、黒に限らず地味目の色であれば失礼にあたりません。

ただし、あくまで「きちんとした」印象が大切です。

肌の透ける素材の服(ストッキングを除く)や
襟元が空きすぎていたり、見方によってはだらしない感じを与える服は
避けたほうが無難です。

女性であれば
ノンスリーブだったり
短いスカート丈も注意です。
膝頭ちょうどというのがぎりぎりでしょう。

●サンダルはNG。キラキラも控えて

夏はどうしても華やかな足元が多くなりますが、
お葬儀だけは地味にお願いします。

黒だからといってもサンダルは失礼にあたります。
もちろん、装飾が多い靴もNGです。
基本は黒の光沢の少ない靴、パンプスです。

●バック・小物の色に注意

バックも同様に黒の光沢の少ないシンプルなものがベストです。
ラメやストーン、大きめのバックルなどがないものを。
動物の皮膚を想像させる型押しもできれば避けたいところです。

暑いので、ハンカチや扇子も手放せませんが、
できれば地味な色目のものを持参したいものですね。

傘やレインコートなどもモノトーン、できれば黒が基調のものが望ましいです。

あとは、通常のお葬儀と同じような点に注意いただければと思います。
参考にリンクを載せておきますね。

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031