葬儀屋さんのお葬儀ブログ

後悔しないお葬儀もつくり方
それは今をよく生きることにもつながります

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 供養とは
  4. 春分の日は何の日?

春分の日は何の日?

今日は春分の日。
何の日かな?と思ってきた方も多いと思いますが、春のお彼岸の中日(ちゅうにち)に当たる日で、実は先祖を敬い、亡き人をしのぶ日として、公休日です。

まさに、お墓参りのための日、ということですね。
お彼岸の期間中に是非いかれてみてださいね。

春分の日の前後3日間、今年は18日から24日がお彼岸ということになります。

お彼岸は、正しくはお彼岸会(ひがんえ)といいます。

元々は、太陽が真東から昇り、真西に沈むことから、「中道」をあらわす日とされ、そこから極楽浄土に思いをはせる日として、
前後3日間がお彼岸になったという説があります。

太陽とご先祖様に収穫を感謝し、豊作を祈るという意味合いもありました。

「暑さ寒さも彼岸まで」といわれるように、お彼岸はちょうど季節の変わり目でもあります。

なかなか天候も安定しませんが、心静かに過ごそうと思います。

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930