エンバーミングとは

「エンバーミング」という言葉、ご存知ですか。

日本では最近使われ始めた言葉で、
ご遺体の保存・修復の技術のことを指すのですが、

亡くなったあとの薄化粧、つまり「死に化粧」をプロにやってもらうことを
そう呼んでしまっている場合もあります。
これはちょっとちがいます。

本来の「エンバーミング」はもともと、
エジプトでミイラを作る際に「イル・バルサム」つまりバルサム油に遺体を浸したことが語源です。
宗教的な理由や伝染病を防ぐ衛生上の理由から行われていました。

そして(当時のキリスト教の指導から)土葬が主流で、
戦争などで亡くなった方を遠隔地から移送することが必要だったので
移動時や埋葬時まで関係者が体液や細菌で感染したり、不快に思わないための
様々な遺体の保存処置や損傷部分の修復の技術が発達
することとなります。

(詳細な手順などはこちらを参照下さい。
IFSA社団法人日本遺体衛生保全協会 )

欧米では、医学(解剖学、組織学、公衆衛生学など)の知識が必要な専門職として
教育制度も確立されています。
移送にあたり、エンバーミングを義務付けている州もあります。

さて、日本は、というと・・・
国土が狭い上に、遺体を保持する宗教上の必要もなかったことから、
また亡くなって数日後の火葬が現在は一般的なので
あまり必要とされなかったんですね。

現在、専門学校や技術の講習もありますが、
公的に認められ・普及するにはまだ時間がかかりそうです。

そういったことからも、本式のエンバーミング、実は費用は20万円を超えます

なんらかのご事情で数週間お預かりする場合はお勧めをしていますが、

葬儀まで1週間程度であれば、
「エンゼルケア」後の安置室でのお預かりで十分
かと思います。

ん?「エンゼルケア?」と思われた方、また追って次回ご説明しますね。