最後のお風呂に~湯灌~

故人の最後のお支度といえば
清拭といって清め拭きをして差し上げ、
死装束を着せて、簡単な死に化粧を施すことが多いのですが、

できれば「湯灌」をおすすめししたいです。
言わば、最後のお風呂です。

字の通り、お湯、つまりお風呂に故人をいれるものです。
これがその浴槽です。
$葬儀屋さんの社長のお葬儀ブログ

「逆さ水」といって、浴槽の中にお湯をひたひたと入れ、寝かせて
(湯灌の際は、逆さ水と 言ってお水の中にお湯を入れてぬるま湯をつくります。)

その中で丁寧にお体や髪を洗い、

ひげ剃り・顔そり・洗顔を行い、

最後に綺麗にすすいで差し上げ

ふき清めてから死装束と死に化粧となります。

生前はご入浴もままならなかった故人のために
最後のお風呂としてあげたい、というご遺族の方は多いです。

確かに本当に気持ちが良さそうで、
心なしか、硬くなったお体も少し柔らかくなるようです。

湯灌を終えられた故人のご様子も周りのご遺族も
おだやかな空気に包まれる気がします。

僕も自分の時にはやってもらいたいなぁと思うくらいです。
おすすめです。