葬儀屋さんのお葬儀ブログ

後悔しないお葬儀もつくり方
それは今をよく生きることにもつながります

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 供養とは
  4. 夏のお供え物、お仏花

夏のお供え物、お仏花

お盆ともなると、仏壇へのお供え物やお花にも
気をつかいますね。

お花はどんなに冷たい水で水切りをしても
枯れてしまいますし、
お供物もいたまないかと心配です。

お供えですが、実はずっとお供えしておかなくても
大丈夫です。
ほんのひとときでも失礼ではありません。

仏様はあっという間に「気」を召しあがるので、
わるくならないうちに下げて、
「お下がり」として頂く方がいい
と思います。

お花(生花)はこまめにお水を変える、
根元を切る、洗うなどしていくほかないのですが、
夏だけは造花もよいのではと思います。

ただ、お花を供えるのは本来、
「厳しい自然の中で耐えて咲き、
供えられた後も咲き続ける姿から、
人間の仏に対する修行(忍辱)の誓いとして花を活ける」
ということですから、

代用品であることを忘れず、
仏壇とのバランスなど美しいものを選びたい
ものですね。

お盆やお正月など、節目節目では生花を加えるなり、
取り変えるなりしたほうがいいと思います。

ちなみにうちの葬儀社でも
オリジナルの仏花を扱ってます。
近日中に、夏バージョンもご紹介しますので、
お楽しみに・・・。

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031